世界

あまったチーズの活用法

料理本を見ながらレシピ通りに料理を作ったら余ってしまった…。
冷蔵庫を開けて見たらいつのものかわからないチーズが出てきた…。
そんな経験のある人は少なくないと思います。

そのような時に、あなたはどうしていますか?
少量であっても捨ててしまうのは、勿体無いですよね?
そこで、お勧めなのは、余ったものを料理に加えて使い切ってしまう方法です。
どんな料理にも合う万能食材ですが、種類によって、異なる個性を持っています。
そのため、ここでは種類別に分けて、お勧めの活用法をご紹介したいと思います。

■ フレッシュチーズ
発酵が進んでいて味に苦味が出た状態でなければ、スパイスやビネガーなどを加えて、ディップやドレッシングにすることをお勧めします。
また、ジャムやはちみつを加えて、デザートとして食べても美味しいですよ!

・サーモンとフレッシュクリームチーズのディップ
【材料】
フレッシュクリームチーズ 150g
スモークサーモン 120g
玉ねぎ 60g
ケッパー 大さじ1
マヨネーズ 大さじ1
レモン汁 小さじ1
サワークラウト 40g
塩・コショウ 少々
1.スモークサーモンをぶつ切りにして、玉ねぎ、ケッパー、サワークラウトをみじん切りする。
2.全ての材料を混ぜ合わせて、塩、コショウで味を調えたら出来上がりです。

■ 白カビチーズ
外側の香りが強くなっている部分をはがして、春巻きの皮に包んで揚げたり、パン粉をつけてフライにすることで美味しく召し上がれます。
また、アルコールと干しぶどうを加えたものをクラッカーにのせて食べても美味しいですよ!

ブルーチーズ
はちみつをかけて食べる方法が有名ですが、ポテトサラダに加えたり、クリームパスタやリゾット、ニョッキなどのクリーミーな料理に加えても絶品です。
また、ステーキソース作りに利用をしても美味しいですよ!

・ブルーチーズのステーキソース
【材料】
ブルーチーズ 80g
粉チーズ 大さじ2
生クリーム 1/3カップ
牛乳 100cc
醤油 小さじ1/2
コンソメの素 小さじ1/2
1.フライパンに生クリームと牛乳を入れて火にかけて、グツグツと沸騰をしたら、弱火にして、ちぎったブルーチーズを加えます。
2.ある程度溶けてきたら醤油とコンソメを加えて、混ぜ合わせたら出来上がりです。

■ ハードタイプ・セミハードタイプ
ハードタイプとは、チェダーなどの硬いもののことで、セミハードタイプとは、ゴーダなどの非加熱タイプのものを言います。
セミハードタイプは、とろける事が特徴なので、トーストにのせたり、カレーやクリームシチューなどに加えることで美味しく召し上がれます。
とくに、とろとろ卵のオムレツや卵焼きに加えると美味しいですよ!
また、ハードタイプの場合は、料理の隠し味として加えることをお勧めします。

このようにチーズの中でもそれぞれに異なった特徴があります。
http://cheese.tokyo.jp/syurui.htmlにて詳しく解説されていますが、基本的な栄養分は同じですが成分の含有量はチーズごとに違うようです。
ビタミンを豊富に含むもの、たんぱく質が多いものなどありますので、栄養面で見て選ぶのも良いと思います。

このページの先頭へ