世界

スモークチーズの作り方

燻製とひとことで言っても、作り方にはさまざまな方法がありますが、大きく分けると3つの方法に分類をすることができます。
まずは、80~120度の高温の中で短時間で燻す「熱燻法」。
次に、50~60度の低温の中で1~3時間程度燻す「温燻法」。

そして、27度以下に保った状態で、1週間以上の長い期間をかけてじっくりと燻す「冷燻法」です。
温燻法は、蒸し器がない家庭でも、ダンボールなどを代用することで、自宅で燻製料理を作ることが可能ですが、さらに、簡単に燻製料理を作る方法に、フライパンを使用する熱燻法によって、短時間で作る方法があります。
それでは、熱燻法によって、簡単にスモークチーズを作る方法をご紹介しましょう。

■ スモークチーズの作り方
【材料・道具】
プロセスチーズ 1かたまり
サクラチップ 2握り程度
アルミホイル 適量
クッキングシート 適量
足のついた網 1枚
フライパン又は鍋
~ お勧め ~
チーズは、雪印のファミリアと6Pチーズがお勧めです。

プロセスチーズであっても使用する種類によっては、溶けてしまう可能性があるので、選ぶ際慎重におこないましょう。
また、個人的には、Q・B・Bブランドのベビーチーズもお勧めです。
ブラックペッパーが入っているものや、アーモンドが入っているものなど、さまざまな種類のものがあるので、気分によって変えてみるのも楽しいかもしれません。

1.フライパンにアルミホイルを敷いて、その上にサクラチップを2握りのせます。
2.蓋をして煙が出るまで強火で燻して、煙が出始めたら、そのまま、さらに2分ほど燻します。
3.弱火にしてから蓋を開けて網をのせたら、網の上にクッキングシートを敷き、その上にチーズをのせて蓋をします。
4.蓋をしたままにしておくと蒸れてしまうので、5分後とさらに10分後に蓋を開けて水分を拭き取ります。
5.蓋を閉じた状態で弱火にして、30分間くらい燻したら出来上がりです。
6.出来たてはまだ温かく、中がとろりと柔らかくて絶品です。

ただし、早めに冷やした方が型崩れが少なく、色着きも良くなるので、出来たてを少しつまんだら、冷蔵庫に入れて冷やすようにしましょう。
蓋を開けた時に、溶けてきているようだったら一度火を消して下さい。
そして、煙が出なくなってきたら、再度、着火をして下さい。

また、着火中に煙の量が少なくなってきた場合には、火を強めたりして調整をおこないましょう。
燻す時間はあくまでも目安なので、使用するチーズの種類やフライパンの大きさによっても異なります。
例えば、ベビーチーズのような小さくカットされたものを使用する場合は、15分程度で燻すことができます。

このページの先頭へ